The 60th JGSDF Camp Matudo Festival

半年以上前の話題で大変恐縮です。 あるサイトに寄稿したのですが、不採用のようなので当サイトで公開することにしました。

2012.10.8 の話題です。

The 60th JGSDF Camp Matudo Festival

JGSDF means Japan Ground Self-Defense Force.

From Monday (Sports Day Holiday), October 8, 2012 , the 60th annual The 60th JGSDF Camp Matudo Festival will take place in Matudo, Chiba, Japan.

正式名称は、「松戸駐屯地創立60周年記念行事」です。

松戸駐屯地は、新京成電鉄 元山駅下車 徒歩5分の場所にあります。 近隣には、常盤平団地等があり、住宅地と隣接しています。 戦時中は、松戸飛行場として使われていたそうです。

駐屯地内には、陸上自衛隊需品学校があります。 需品科隊員は、各部隊に対する各種後方支援活動を任務としています。 災害派遣では給食・入浴支援などで活躍しています。 東日本大震災では、大いに活躍しました。

装備展示の一部

このほかにもたくさんの装備品が展示されていましたが、一部をご紹介します。


AH-1Sコブラ 全景

AH-1Sコブラ 全景

体験乗車

写真のような軽装甲機動車やトラックなどに体験乗車ができます。
敷地を一回りします。体験乗車には長蛇の列ができていました。
いかつい車だけに、お子様を抱っこしながら乗る母親の姿がちょっとミスマッチでした。

軽装甲機動車に乗る親子

軽装甲機動車に乗る親子

災害支援装備の一部

災害に欠かせない支援装備です。

震災時も活躍した「簡易給水タンク」

震災時も活躍した「簡易給水タンク」

入浴や洗濯には欠かせません。

災害時の入浴を体験「松戸の湯」

災害時の入浴を体験「松戸の湯」

今回は足湯の体験ができました。

a Laundry car

a Laundry car

需品科ならではの装備です。

その他のイベント

Children riding on a 5 inch gauge train

Children riding on a 5 inch gauge train

駐屯地近くを走る「新京成電鉄」所有のミニ電車が走っていました。近隣のイベントでもよく見かけます。
お子様に大変好評です。

会場の賑わい

会場の賑わい

落下傘の装備を試着するコーナー(20~30kg) や 迷彩服試着のコーナーなどもありました。
自衛隊音楽隊の演奏や、よさこい踊りのパフォーマンスも行われたそうです。

メインストリートには、食品関係やミリタリーショップなど 多くの店が出店していました。

珍しいところでは「松戸駐屯地特製の豚汁」や、松戸が本拠地の相撲部屋「佐渡ヶ嶽部屋」の鶏塩ちゃんこ鍋などがありました。 いずれも長蛇の列でした。

感想

松戸駐屯地の一般公開を見ることにより、自衛隊の仕事の重要さを少し理解できたような気がします。

ある調査によると、日本の主な機関・団体の中で、最も信頼できるのは「自衛隊」という結果が出ているそうです。

あらゆる任務、殊に災害時の隊員の使命感には頭が下がる思いです。  

自衛隊を取り巻く世界情勢は厳しくなる一方ですが、隊員の方々の活躍に期待します。

追記 : こんなまとめも作ってみました。

広告
タグ: ,
カテゴリー: イベント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カレンダー
2013年4月
« 1月   5月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
プロフィール


地域のイベント情報とWordPress関連の記事を主に書いています。

アーカイブ
カテゴリー
ブログ統計情報
  • 16,681 hits
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。