ドクターヘリの離陸@鎌ケ谷

2015年6月20日午後2時過ぎ、
近所のC小学校にドクターヘリが着陸しました。

最初は、救急車のサイレン・消防のサイレンが聞こえ「事故でも起こったのかなぁ」程度に思っていました。
サイレンは、近所で途切れました。 そのうち「バタバタ」という音とともにヘリがやってきました。 私の住む地域は、自衛隊の基地も近くヘリコプターなどは特に珍しくもないのですが、今回聞くヘリの音はタービン音を伴う特徴的にな音でした。
何事かと思い外へ出て近所のC小学校へ向かうと人だかりが出来ていました。
その人だかりの向こうに、白い機体の “Doctor-Heli” が着陸しているではありませんか。

ドクターヘリの傍らには、救急車が停車していました。 おそらく重篤な負傷者或いは、患者が乗っていると思われます。 ヘリとは、数十メートル離れていて、「患者の移動の様子」など詳細はうかがい知ることが出来ませんでした。
興味本位で、ヘリを見に来たものの、患者さんの容態を慮るとかなり心配です。 大事に至らないことを祈ります。

着陸から飛び立つまでの間は、十数分あったと思われます。 この間、消防の方々は飛び立つ際に砂塵が飛び散らないよう、ポンプ車からのホースで校庭に放水(散水)していました。

校庭の様子

患者の「救急車からヘリへの移動時」待機しているヘリの写真と、「消防の放水作業」を撮影しました。

離陸の様子(動画)

動画を見ていただくとわかると思いますが、離陸時「メインローター」が回り始めると、辺りはかなりの強風が吹き、木々が揺さぶられました。 音も「自衛隊の輸送ヘリ」程ではありませんが、かなりの騒音がありました。

ヘリは上空で方向転換して「東の方向」へ飛んで行きました。 おそらく印西市にある「日本医科大学千葉北総病院」へ向かったのだと思います。

ドクターヘリは「機体がコンパクトでテールローターが無いため安全で低騒音である」 日本医科大学 千葉北総病院HPより引用

ドクターヘリはテールローターが無い、だから「普通のヘリ」と違う特徴的な音がしたのですね。 離陸時の動画を撮影しました。 あまり画像がきれいではありませんが、雰囲気が伝われば幸いです。


鎌ケ谷市では、近隣の中学校など何回かドクターヘリが着陸したことは知っていたのですが、すぐ近くの小学校、(しかも市内でも「特に校庭が狭い」とされるC小学校)へ、着陸するとは・・・操縦士の技術の高さに感心致しました。
また、「日本医科大学 千葉北総病院のドクターヘリ事業」の取り組みは、とても素晴らしいことだと思います。 また日々の活動に対し、深く感謝申し上げたいと思います。 今回の出来事で、ドクターヘリを身近に感じことが出来ました。

ドクターヘリは、地元消防・救急との連携が重要なんだなぁとも感じました。 砂塵の飛散の防止にあたったり、近隣住民への注意喚起など、地元消防隊員はドクターヘリの運用には欠かせない重要な役割があるのだなぁと理解しました。

広告
タグ:
カテゴリー: 地域

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カレンダー
2015年6月
« 10月   7月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
プロフィール


地域のイベント情報とWordPress関連の記事を主に書いています。

アーカイブ
カテゴリー
ブログ統計情報
  • 16,681 hits
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。