「稲毛記念館」と「稲毛民間航空記念館」

6月13日(土)千葉公園で「大賀ハス」見に行ったあと「稲毛海浜公園」へ行きました。
千葉公園から千葉都市モノレールに乗って「千葉みなと駅」まで行き、JR京葉線で一駅先の「稲毛海岸駅」で降りました。
稲毛海岸駅から「稲毛海浜公園」方面行きのバスを利用すると10分弱で着くので便利です。 料金は大人170円でIC乗車券も利用できます。
「稲毛海浜公園」では、あちこち見て回ったのですが、「稲毛記念館」と「稲毛民間航空記念館」で撮った写真が比較的まとめやすかったので記事として先にご紹介します。

また、Togetterまとめも作ってみました。

稲毛海浜公園案内図

稲毛海浜公園案内図

「稲毛記念館」の様子

詳細は、下記のサイトをご覧ください。

稲毛記念館は、「稲毛」ゆかりの展示品が並べられています。 主に「稲毛ゆかりの文人について」「海の生き物について」等があります。
その中で、特に投稿者が興味をもったのは「古い船の操舵室」の展示です。

稲毛に係留されていた海上保安庁の船「こじま」の操舵室の展示

「こじま」の船体は、平成20年に解体され、操舵室の設備のみ「稲毛記念館」に展示されています。
展示室入口の写真を撮り忘れたのと、「こじま」の説明写真が小さかったので、下記のツイートを引用させていただきました。 ツイートを引用させていただいた @Dorothy07Ito さんには、この場を借りて感謝申し上げます。
このツイート、地元稲毛出身のタレント「小島よしおさん」に掛ったものなのかもしれませんね。 🙂




3階の展望室からの眺め

1階の展示室にあった「クジラの模型」

「稲毛記念館」は、稲毛海浜公園で撮影会をする「コスプレーヤーさん」の待ち合わせ場所&更衣室に利用されているようです。
スーツケースを引きずりながら稲毛記念館へ向かう女性を見かけました。 また1階の展示室の休憩スペースにはコスプレした女子が多数いました。 きっと検索ワード「稲毛」でTwitter検索すると、コスプレーヤーさんの写真付きツイートを見ることができますよ。

「稲毛記念館」から「稲毛民間航空記念館」へ向かう道すがらにある「出会いの滝」と呼ばれる場所です。 (滝となっていますが、水は流れていませんでした。 ステージのようになっています。)

出会いの滝

出会いの滝

「稲毛民間航空記念館」の様子

詳細は、下記のサイトをご覧ください。

記念館のスタッフに「写真撮影していいですか?」とたずねたら、館内では「鳳号」のみ撮影してもよいとのことでした。 写真を撮る際はご注意ください!
この復元機は、「鳳号」の初飛行から75周年を記念して「日本航空産業発祥の地顕彰会」により1987年に80%のスケールで製作され、大利根飛行場で実際に空を飛んだそうです。 この他にも、YS-11のプロペラなども展示されていました。

正面入口と「鳳号」のレプリカ機体


また、民間飛行機研究家であった奈良原三次氏・弟子の白戸栄之助氏の功績に関する資料が展示されていました。

外側から見る「飛行船関連展示」と「記念館の全景」

飛行船のエンジン・プロペラ・飛行船の模型が展示されていました。
撮影者がガラスに写りこんでしまうので、あまり寄って撮ることが出来ませんでした。 「グラーフ・ツェッペリン号LZ-127」の模型も展示されていました。 小じんまりした記念館ですが、興味深い展示が多くありました。


もっと詳細に「稲毛民間航空記念館」について知りたい方は、下記のブログ記事もご覧ください。

ツイートを引用させていただいた @tamuraic さんには、この場を借りて感謝申し上げます。

広告
タグ:
カテゴリー: 地域

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

カレンダー
2015年6月
« 10月   7月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
プロフィール


地域のイベント情報とWordPress関連の記事を主に書いています。

アーカイブ
カテゴリー
ブログ統計情報
  • 16,426 hits
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。